洗い物が少なくなるメリット

>

まとめてお皿に盛りつけよう

盛りつけも大事になる

料理は見た目も大事です。
ワンプレート料理を作る際は、汚くならないよう工夫して盛り付けてください。
ハンバーグ、ステーキなどの肉料理はワンプレート料理にしやすいです。
まずはメインを、真ん中に乗せてください。
その隣にサラダを乗せると、綺麗に見えます。
また、高く盛り上げると高級感が出ます。

そしてメインの反対側に、主食となるライスを載せましょう。
するとカフェで提供されるような、ワンプレート料理が完成します。
量によっては、メインとライスの位置を交換しても良いでしょう。
メインを、唐揚げなどに変えるものおすすめです。
基本的な盛り付けかたを覚えると、様々な料理に応用できます。
ワンプレート料理で、後片付けの負担を減らしましょう。

適したお皿を使おう

普通の大きいお皿では、料理が隣合わせになってしまいます。
すると味が混ざって、おいしくないと感じるかもしれません。
味が混ざることを気に仕手いるなら、仕切りが付いているお皿を使ってください。
ワンプレート料理用のお皿なので、使いやすいでしょう。
きちんと1品ごとに仕切れるので、味が混ざる心配はありません。

綺麗に少量ずつ盛り付けやすいので、盛り付けが苦手な人は使ってみてください。
綺麗なワンプレート料理を作るためには、お皿選びも重要です。
見た目が汚いと、食欲が湧きません。
全ての料理が、一緒にならないように気をつけてください。
最初は盛り付けに慣れなくて、時間が掛かるかもしれません。
しかし慣れれば、楽しくなると思います。


この記事をシェアする