洗い物が少なくなるメリット

>

朝にも使えるテクニック

食事を必ず済ませること

人は、食事から栄養やエネルギーを吸収します。
特に目覚めた後に食べる朝食は大事なので、欠かさないでください。
後片付けのことを気に仕手いるなら、ワンプレート料理を作りましょう。
調理するのが面倒だったら、パンを焼いてお皿に乗せるだけでも構いません。
レタスやミニトマトなど、洗っただけで食べられる野菜をサラダに加えるのもおすすめです。

野菜の代わりに、フルーツを使っても良いでしょう、
イチゴやブドウは、皮を剥かなくても食べられます。
朝が忙しい人は、極力調理器具を使わないことを意識してください。
すると朝食の時間を、ゆっくり確保できます。
朝食を食べることで、元気になれるので仕事に集中して取り組めます。
工夫して、朝食の準備をしましょう。

足りない栄養を補おう

主食のパンと、副采の野菜やフルーツだけではタンパク質が不足しがちです。
そこにヨーグルトや、牛乳などの乳製品を追加すると栄養バランスが良くなります。
ヨーグルトだったら最初からカップに入っているので、すぐに食べられます。
食べ終わったらカップを捨てれば良いだけなので、後片付けの手間を削減できます。

時間がある時に、ゆで卵を作っておくのも良い方法です。
タマゴは、完全栄養食と言われるぐらい栄養が豊富な食品です。
前もって茹でて、殻を剥いていれば朝食にすぐ食べられます。
ゆで卵を乗せるぐらいのスペースは、お皿に空いているでしょう。
タンパク質を何で補うか考えて、毎日の朝食メニューを決めてください。
全粒粉のパンを食べるのもおすすめです。


この記事をシェアする